周南あけぼの園

周南あけぼの園NEWS

新着情報

第11回 障がいのある人の芸術作品展「みちあふれる表現」作品公募

これまで「作品の発表の場」を作ることを目標に、山口県内で芸術活動をされている障がいのある方を対象に公募展を開催し、展示会やWeb作品展を行ってきました。毎年たくさんの方々に応募いただき、おかげさまでこの度11回目の開催を迎えることができました。
皆様との交流を大切に、より一層楽しい作品展にしていきたいと思います。
「創造の源からあふれ出た表現」との出会い、みなさまの作品のご応募を心よりお待ちしています。

応募資格
15歳(高校生)以上の山口県在住の障がいのある方が制作した絵画作品
応募点数
1人2点以内(共同制作作品可)
応募期間
令和6年4月15日〜6月10日(必着)
応募用紙(PDFファイル)はこちらからダウンロードしてください

第11回「みちあふれる表現」審査委員

貞広 鶏
  • 株式会社メディカルアートプラス:取締役
  • 一般社団法人スウィッチャー:理事
  • アトリエ鶏:主宰
  • 書芸家(近代詩文作家)・水彩画家・教育家・アートプロデューサー・ディレクター
  • ケイズ・プロモーション:代表
山口県周南市出身/下松市在住/大阪芸術大学 芸術学部卒(芸術学士)
広告会社(企画制作部)、外食会社(販売企画部)在籍後、東京から帰郷して35歳で独立、ケイズ・プロモーション(デザイン企画制作)を始動。
絵画・書芸をたしなむ傍ら、H6年に受賞したコスモス文学新人賞を機に文壇デビュー。
H10年からデザイン専門学校の教員として物づくり・人づくり・街づくりに尽力。
山口きらら博、周南市徳山動物園、大道理芝桜他デザインプロデュース多数。
中野 良寿
山口大学教育学部美術教育教室、山口現代藝術研究所[YICA]
香川県出身/山口県在住/美術家
1993年東京藝術大学美術研究科壁画研究室修了。
1994年、スコットランドにあるR.シュタイナー関連のテンプル・ヒル・コミュニティーに滞在。
2001年からの山口大学教育学部美術教育教室での教育活動、山口現代藝術研究所[YICA]での活動、ソロ・アーティストとしての活動の他、コラボレーション・ユニット"ノーヴァヤ ・リューストラ"の活動など国内外で環境をテーマにした作品を発表(NEW TOWN ART TOWN(岡山)、釜山ビエンナーレ2004(韓国)、YCAM10周年記念国際展(2013)、山口盆地考2018..吹き来る風が…(山口)、かがわ山なみ芸術祭(2016)、アートエコーまんのう(2023)など展覧会多数。2013年より山口市内にあるオルタナティヴ・スペースN3ART Lab代表。
2019年より「文化芸術・障害者文化芸術作品等調査・発掘事業」に関わる。
見留 さやか
山口情報芸術センター[YCAM]キュレーター
東京都出身
十和田市現代美術館キュレーター(2016-2023)を経て、現職。
これまで担当した主な展覧会に「名和晃平 生成する表皮」(2022)、「百瀬文 口を寄せる」(2022-2023)、「劉建華 中空を注ぐ」(2023)などがある。

About us

わたしたち周南あけぼの園の合い言葉は「障がいのある人のはたらく、くらすを充実」です。
平成17年の開園当初、20名だったメンバーは50名を超え、周南市初めてのケアホーム・グループホームとして、多くの方々の希望に応えることができました。
【住所】
〒745-0801
山口県周南市大字久米716-4
【tel】
0834-39-3755
【fax】
0834-39-3756

map

周南あけぼの園マップ
>>googlemap

link

最新情報はこちらでチェック!

周南あけぼの園インスタグラム
周南あけぼの園ツイッター
周南あけぼの園スタッフブログ
大和あけぼの園
夢ワークあけぼの